働くネコ背の腹のうち
oyabun39.exblog.jp
ブログトップ
お祝いではありません

昨日の我が家の夕飯は焼き肉。
焼き肉といっても我が家の焼き肉は、焼き肉屋さんで食べるような肉ではなく、
切り落としの薄っぺらいやつです。
ホットプレートの上で焼き焼きして、焼き肉のタレを付けて食べれば
もうそれは「焼き肉」以外の何物でもないのです!
こんな焼き肉でも、夕飯が焼き肉だとわかると大喜びの子分(^^;)
仕事から帰ってきてすぐ
「今日は焼き肉!?なんかお祝い事?」

う~~~ん

そんな大層なことかい?この薄っぺらな焼き肉が?
なんだか切ない気持ちになってしまった親分である。
普段、どんだけ質素な食生活をさせているのだろうかとマヂで考える

いざ焼き肉夕飯が始まり、お肉を食べ野菜を食べしている途中で
ジャジャーン!!!
厚みのあるステーキ肉1枚を登場させてみました( ̄m ̄)
さぁ子分の反応はどうでしょう?

「スッゲー どうしたの今日?やっぱ何かあったんでしょ?」
想像以上の喜びぶりで、よかったねーと言いたいところだが、微妙~な親分心。
そこまで喜ぶんかい!って。
「美味い美味い」と食べてるんだから、まぁいいか…。

食後、
「何で今日は焼き肉だったの?しかも肉の量がすごく多かったし、
それになんであんな厚いスゴイ肉まで買ったの?」
そんな質問を子分から頂戴しました。

その答えはね…
ただ単にタイムサービスで切り落としが100g・98円だったから。
ステーキ肉は、賞味期限が近くて半額だったのを見つけて手に取ってみようと
思った時に、試食コーナーのお兄さんが寄ってきて
楊枝に指したカットしたお肉を親分の口元近くまで持ってきて
「やわらかくて美味しいですよー!」と差し出されてしまったからです。
親分、体はデカいけど外では超小心者のため、買う気のない物は
絶対に試食しないのである。
試食したら最後、買わなくちゃいけないようなあの空気が苦手なんだも~ん。
断りきれず食べちゃったから仕方なく買ってきた次第です。

疑問は晴れたかい?子分よ。
by oyabun-s | 2008-09-26 14:41 | 毎日のこと