働くネコ背の腹のうち
oyabun39.exblog.jp
ブログトップ
どうすればよかったか

今日、スーパーで万引きしてる人を見てしまった。

お年寄りで、夏なのに長袖のシャツを重ね着していて、
そしてそのシャツはボロボロ…。
人目を少し気にしながら布の袋に缶詰めを入れていた。
私が見たのは2缶。
自分が万引きするわけでもないのに心臓がバクバクして
汗が出てきた。

現場を見て、私はどうするべきだんだろう?
お店の人に万引きしてる人がいる、と伝えるべきだったのか。
それともそのまま何もせずにいればいいのか。

結局のところ、私の方がわけがわからなくなりパニックになった。
大根とヨーグルトを買いに寄ったはずなのに
なんとなくパンと牛乳を買ってしまい、それでもその間違いに
気がつかないまま帰宅。
家に着くまでの15分間、ずっと考えてしまった。

お金がないのだろうか?
年金生活がとても大変で、思い余って万引きしてしまったのか?
家族と暮らしてないのか?
ひとりなのか?
万引きするくらい今の生活が苦しいのか?
着替える洋服もないのか?

そんなこと考えてたら、今の日本の不甲斐なさをひしひしと感じ、
政治はなにを変えるんだろう?と、いろんなことが頭をめぐった。
私利私欲だけを考えてるどっかのアホどもが
無性に腹立たしく思えた。
自分さえ美味しい蜜を吸えれば、前々からやってることだから
目をつぶって自分もぬるま湯に浸かる。
万引きは決して許してはいけない犯罪だ。
お店側だって死活問題であることも事実だ。
だけど、それでも、犯罪に手を染めてでも、生を受けたその自らの命を
ただただその日その日を生きながらんとする人がいるということも
現実として今の日本にある。

なんともいえない気持ちだ。
by oyabun-s | 2008-07-31 11:49 | 毎日のこと