働くネコ背の腹のうち
oyabun39.exblog.jp
ブログトップ

お母さんが癌の手術を受けた後
助からないという現実をどうしても受け入れられなくて
どうにかならないか
何か手立てがないものだろうかと
本からネットからあらゆるものから情報を集めた

お母さんが癌になる数年前に
お母さんのお友達の旦那さんが癌で転移もしていると
相談を受けていたんだそう
そのお友達がやっていたのがゲルソン療法というもの
その話を聞いていたお母さんは
わたしもやろうと思うと言った

実際 癌がCTに写らなくなるまで小さくなったとか
数値が劇的に下がった
腫瘍マーカーも正常値にという話を聞けば
「もしかしたら・・・」と思ってしまうもの

そのお友達や旦那さんと会って詳しく話を聞き
関連本を買いあさってわかったことは
実際できるのかなという不安

いろいろ細かいことはあるんだけど
簡単に言ってしまえば
無塩食・大量のにんじんジュースを1日に何杯も飲む
食べることが許されてる野菜や果物は極力全てオーガニック
白米や白パンはダメで玄米や全粒粉などのパン等
お母さんがやりたいと言うならならわたしも頑張ろうと
やり始めたけど・・・

作るのが本当に大変だった
無塩だし調味料もほとんど使えないし
肉もほとんどの魚も使えない乳製品もダメ
何を使ってどうやって美味しく作れるのか
それでもなんとかやってみたけど
お母さんの方が精神的に無理になってきた
調子がいい時に友達とお茶をするんでも
普通の物が食べられないから
オーガニックのお茶を持って
家で作った全粒粉のパンを持っていったり
抗がん剤の副作用で味覚もおかしいのに
そこに美味しいとは言えない食事
胃がちょっとしか残ってないのに大量のジュースもあって
飲めるわけがないんだよね
可哀想なことをしたなって今もすごく後悔してる

癌患者さんもいろいろで一人一人症状も進行具合も全く違う
お母さんにはゲルソン療法は無理だったんだなって
合わなかったんだなって今は思う
もちろんそれで良くなってる患者さんもいるから
否定しているわけじゃない
うちのお母さんには合わなかったというだけ
冷静さ・正常な感覚・客観視
これが全くなくなってたんだと思う


でも
いろいろ調べて「食」というものと真剣に向き合ってみると
ゲルソンが言ってることも納得できる部分はたくさんある
人間は食物を食べて体を作って生きている
健康であれば薬を飲むことも治療を受けることもない
暴飲暴食や偏食
そこに食品添加物だったり農薬
肉や魚にも成長を早めたり良くするために抗生剤を使ったり
健康に良しと謳った物の中にも実は添加物が入っていたり
正しい物を正しく食べてさえいれば病気にはならないのかもしれない

だけど100%こんなことはできるわけがない
でも農薬や添加物の影響は間接的にでも癌患者には
良くないことはすごくよく理解できたので
お母さんの食事はゲルソンはやめたけど基本
ほとんどが無農薬のもので添加物も避けまくった食材で
普通の食事を作った
金銭的にもすごくかかったけど
治らなくてもせめて少しでも悪化することが遅くなるように
体に悪い物は避けて良いものだけを取り入れようという考え

ただ外食は別
ファーストフードだったり
体に悪そうなのがありありわかるようなお店は別として
外で食べる時くらいはあまり気にせず
美味しく楽しく食べようよと
農薬がどうだとか添加物がなんだとか
そういうことはなしにしようと決めた
家では食材素材に気を付けて体に良いものを
外では楽しく美味しく何でも食べよう
最終的にはこんなかんじになった

お母さんが亡くなってからは
食材もずいぶんと緩くなってしまったけど
それでも毎日口にするお米は無農薬の玄米を選び
パンもできるだけ自分で作って
買う時は極力変なものが入ってないものを
買い物も 減農薬・無農薬の割と安いお店も見つけたりして
全てそういうものなんていうのは無理なので
「できるだけ」という感じで

添加物の怖さだったり食に関する知識を
知ってると知らないとでは全然違うって感じる
わたしなんてまだまだほんのちょっとの知識しかないけど
何か買う時は必ず裏を見て
どういったものが入っているのかを確認するクセがついた

じゃー添加物の入ってないものだったら全て良いのかと言ったら
それはそれで「違う」こともあるし
難しいんだよなーと思う
こんなこと書いてながらどうも口に物が入ってないとなぜが不安で
1日中何かしら食べてるから お母さんが亡くなってから6kgも太った
添加物がもりもり入ってるお菓子を食べちゃう時もあるし
頭に入ってる少しの知識でも自分でわかって食べるのと
全然わからず食べるのとではやっぱり違う
気を付けようがあるから

「食」にちょっとだけ向き合ってみると
ちょっとだけ気づくこともあるかもしれない
「食」は体にとって健康にとっていちばん大事なこと






********
by oyabun-s | 2016-09-05 00:01 | 健康