働くネコ背の腹のうち
oyabun39.exblog.jp
ブログトップ
心の容量

生きていくということは
見たくないものを見せられて
聞きたくないことも聞かされて
心底しんどいわ・・・って思うことがある

毎日のようにニュースで流れる 子供への虐待
そして動物に対する虐待

見ていられなくて
聞いていられなくてテレビを消す

その後はいつも深い深いため息だ・・・


この間 買い物していた時に
まだまだ小さな子供に向かって
まるで大人同士がケンカしているみたいな口調で
「バカかおまえは!バカならついてくるな!
バカなら家にいろ!」

あの時のあの子の顔が忘れられない
体が硬直して 顔がひきつって・・・

別の場所では子供の手を思いっきり
何度も叩く感情むき出しの母親がいて

悪いことをしたら叩かれるってこと
これは昔からあったことだけど
なんか・・・なんて言うか・・・
昔とは違うんだよね


動物の虐待のことも
もう受け入れられなくて
聞こうとしたわけじゃなく
運悪く耳に入ってしまったことでも
その後の心のダメージが大きすぎて
立ち直ることが最近では相当難しい


見なきゃいけないことも
聞かなきゃいけないことも
生きていく上ではどうしてもあるわけだし
それも必要なんだと思うんだけど
でもわたしは無理だ

語弊があるかもしれないけど
見たくない聞きたくないことがあると
こんな世の中ならもう生きていたくない・・・と
一瞬思ってしまうこともある


だけど
そんなふうに思うことも
自分が命にかかわるようなことがないからで
これが余命いくばくもない状態だったら
「生きたい 生きたい」って足掻くに決まってる
そんな自分は勝手だな思う


あんこ食べたい
美味しいお店に行きたい
テレビを見て大笑いして
5にゃん'sが可愛くてたまらなくて
宝くじ当たらないかなーって考えたりする


寝る前に見た虐待のニュースで泣きに泣き
生きていくのは辛いと言いながら
次の朝 お腹も空きいつもの毎日を過ごす

わたしはこれでいいのか
これでいいんだろうかと考えることを繰り返している

すんません
まとまりのない文で・・・



***************************************************************
by oyabun-s | 2014-09-01 23:48 | 親分